超初心者向けFXとは?

今回は超初心者向けにFXとは
 
こんなものを知った所で勝てるようにはならないが一応
 

 

FXとは?

 
FXとは外国為替証拠金取引と言います。
 
簡単に言うと投資の一種で外国の通貨を売買して利益を目指す金融商品です。
 
外国の通貨とはドルやユーロやイギリスのポンドなどを指します。
 
先ほど投資と言いましたが、海外に行かれたことある方は分かりやすいですが、ある国の通貨とある国の通貨の両替という感じになります。
 
FXの取引の例を上げると「日本円からアメリカドルへ両替します、その後しばらくして両替したアメリカドルを日本円へと変える」と言う具合に
、各国の通貨を両替していくような取引になります。
 
FXは自分が持っている通貨の価値が上がると利益が出る取引になっています。
 
その通貨の価値は上がるか下がるかと言う2通りしか有りません。
 
100万円の資金だったら大体10万通貨で取引します
 
 
 

FXの仕組み

 
FXの仕組みですが、FXとは経済状況や世界情勢から成り立っています。
 
通貨の価値というのは日々変っていきますし、毎秒、毎秒変わっていくのです。
 
日本人に一番なじみがあるドル円で説明しますが、例えばドル円が100円だった時にドル円を買い(ドル円を買うという事はドルを買って、円を売るという事です)
 
その後ドル円が101円になった時に持っていたドル円を売れば、1円の利益です。
 
1枚通貨しか取引しなかったら1円しか利益が出ませんが、100枚通貨持っていたら100円、10000枚通貨持っていたら10000万円の利益になります。
 
逆に100円で買ったものが、その後99円に価値が下がってしまい、その時に売ったら1円の損になるという事です。
 
これがFXの為替差益と言うものになります。
 
為替差益がFXをする上で目指す最大の目標となります。
 
100円だったものが101円になる事を円安と言います。
 
数字が上がっているのに円安?と、イメージしにくいかもしれません。
 
「1円あたりの価値が下がったので、1ドルを買うのに今までより沢山出さなければならなくなってしまった」と考えてみてください。
 
今まで100円で1ドルと交換できていたのに、1ドルと円を交換するのに101円になった場合、1円多く支払らないといけなくなり、円の価値が下がったので円安となるのです
 
円の価値が下がったから「円安」と考えるとわかりやすいかもしれません。
 
反対に、100円から99円になって円の価値が上がることを円高といいます。
 
今まで1ドルと100円で交換できたのに、99円で1ドルと交換できて円の価値が上がったので円高と言います。
 
簡単に言うと、FXというのは通貨の人気投票みたいなものだとイメージしてください。
 
FXも株もなぜ上がり下がりを繰り返すのかは、その通貨ペアや銘柄を買いたい人と売りたい人がいるからです。
 
テクニカル分析、ファンダメンタル分析、勘など色々な要素がありますが、買いたい人が多ければ上がり、売りたい人が多ければ下がるのが相場です。
 
ある国の景気が良ければ、そこに投資して儲けたい人も増えますから、その国の通貨は買われて価格は上昇します。
 
不景気になったり国力が落ちたりしたら、その国の通貨は敬遠され価格は落ちます。
 
 
 

FXで利益や損失が発生する仕組み

利益が出るケース

たとえば、1ドル=120円で円をドルに交換したとします。
 
為替レートが122円(円安・ドル高)になったところで、そのドルを円に戻したら、手元に122円が入ります。
 
2円の利益が出たことになりますね。
 
1万通貨で取引していた場合2円×1万で2万円の利益です。
 
10万通貨で取引していた場合2円×10万で20万円の利益になります。
 
 

損失が出るケース

その逆に、1ドル=120円で円をドルに交換して、為替レートが118円(円高・ドル安)になったところで、そのドルを円に戻したら、
手元に118円しか手元に入りません。
 
この2円分が損益となるわけです。いたって簡単ですね。
 
1万通貨で取引していた場合2円×1万で2万円の損失です。
 
10万通貨で取引していた場合2円×10万で20万円の損失になります。
 
 
 

FXは稼げるのか?

 
勿論、正しい考え方、正しい方法を実践し、リスクをコントロール出来れば、100%稼げます、永続的に稼げるようになります。
稼ぐスキルを身に着ければ、一生マーケットというATMからお金を好きなだけ下すことが出来るのです。
ただ一気に10段跳びするような人は退場していきますので、
このブログで解説していることを一歩一歩実践して、常に気を緩めることなく前傾姿勢でトレードを続ければ、お金と時間の自由が手に入る事でしょう。
 
 

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

 
私はテクニカル分析を使います。
 
ファンダメンタルズ分析で情報に大金を出しているプロには勝てません。
 
ファンダメンタルズはある程度知っていればいいので、いつ経済指標が発表されるのか?等。
 
テクニカル分析の良い所は、何度も言いますが、チャート上に優位性を見つけるだけで良いという事です。
 
経済の勉強もいらない、学歴も年齢も資産も関係ない所です。
 
どんなにお金を持っていても頭が良くても、みんながみんな同じチャートを見るので、横一線で勝負できるのです。
 
一方ファンダメンタルズでは我々一般人には情報を集めるのにも限界があります。
 
私たちに入ってくる情報はもう古い情報です不利にならざるえません。
 
 

注文方法 

 
FXではパソコンの前に常に座ってなくても、この価格に来たら買いや売り、利益確定、損切り確定の注文を入れておくことができます。
 
特に損切の逆指値と言うのは、トレードを職業としていくなら100%必要です。
 
それもできないのならFXをやる資格がないです。
 
エントリーする前にしっかりどこで損切をするのか決めておきます。
 
注文したら必ず逆指値の損切注文も入れる事が必須です。
 
注文方法は

成行注文 

成行注文は、「今買いたい!」「今すぐ売りたい!」という時に使える注文方法です。
 
レートを指定せずに「買い」か「売り」だけを指定して出す注文となります。
 
私の場合エントリーの時は殆ど成行注文になります。

指値注文と逆指値注文     

指値注文は、値を指す注文のことをいいます。
 
つまりレートを指定する注文方法のことです。
 
買いまたは売りのどちらでも同じですが、「○○円で買います!」というのが指値注文となります。
 
分かりやすいように例を一つ挙げてみましょう。
 
ドル円通貨が1ドル100円の時に成行注文で買い。その後レートが円安になるのを見込んで、「102円で売る」という注文を出します。
 
この「102円で売る」というのが指値注文となります。
 
しかし、為替相場が自分の思うように動くとは限りません。
 
101円70銭までは順調に円安へ動いたのですが、その後レートは逆戻りして、レートは少しずつ円高方向に動いているようです。
 
そこで、最低限の利益を確保できるように、「レートが101円に戻った時点で売り」という注文を出したとします。
 
この注文を【逆指値】注文と言います。
 
指値注文は今のレートより有利なレート(ドル円を買いたい場合、現状よりも安い値段)での注文です。
 
逆指値注文は「今のレートより不利なレート(ドル円を買いたい場合、現状のレートよりも高い値段)での指値注文」のことなのです。
 
簡単に言うと今の価格より安くなった価格で買う、今の価格より高くなった価格で売るは指値注文といいます。
 
逆に今の価格よりも高くなったら買う、今の価格よりも安くなったら売る事を逆指値注文と言います。
 
損切の設定をするときは逆指値注文という事になります。
 
指値注文と逆指値注文の違いをしっかり頭に入れておいて下さい。
 

税金

 
もちろんFXでも税金がかかります。
 

日本の証券会社では申告分離課税が適用

申告分離課税というのは、FXで得た収入(所得)と給与や不動産所得など別の方法で得た収入(所得)は個別に税金を課税する方式のことを言います。
 

税率

一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)
損失の繰り越し、国内FX取引では、損益通算をしても損失が残った場合、翌年以降3年間にわたって利益から損失を引くことができます。
 
赤字分を3年間持ち越せるということになります。
 

海外口座の場合は総合課税が適用

総合課税というのは、給料や不動産所得など、分離課税対象以外の収入(所得)を合算して課税する方式のことを言います。
 

税率

所得税
個人収入 - 必要経費 = 所得
 
所得 - 各種所得控除額 = 課税所得額
 
課税所得額 × 所得税率 - 控除額 = 納税額
 
課税される所得金額    税率    控除額
 
 
195万円以下    5%    0円
 
195万円を超え?330万円以下    10%    97,500円
 
330万円を超え?695万円以下    20%    427,500円
 
695万円を超え?900万円以下    23%    636,000円
 
900万円を超え?1,800万円以下    33%    1,536,000円
 
1,800万円を超え4.000万円以下    40%    2,796,000円
 
4,000万円超    45%    4,796,000円
 

住民税

個人収入 - 必要経費 = 所得
 
所得 - 各種所得控除額 = 課税所得額
 
課税所得額 × 住民税率(所得割) + 住民税(均等割) = 納税額
 
市町村民税6%+道府県民税4%= 10%(所得割) + 市町村民税3000円+道府県民税1000円=4000円(均等割)
収入から給与所得控除などの各種控除を除いた課税所得に前述した一律10%が課税され、それに+4000円した金額が住民税ということになります。
 
FXでは稼げば稼ぐほど海外口座だと税金が高くなり不利になります。
 
FXで1800万円以上稼げば40%も持っていかれます。
 
なので日本口座を作っておいた方が良いと言えるでしょう。
 

まとめ

今回は超初心者向けに
  • FXとは?
  • FXの仕組み
  • FXで利益や損が出る仕組み
  • FXは稼げるのか?
  • テクニカル分析とファンダメンタルズ分析
  • 注文方法
  • 税金
について解説しました。
それでは、さよなら
 

ABOUTこの記事をかいた人

昔お金を貸した友人がおかわりしに行ったまま行方不明になった••••••どうも秋村です。 とても魅力的な男性を目指しているブス。 資産6億円を稼いだFXトレーダー。 元№1ホスト(有名なグループで、この顔で№1だから褒めて)